SIMON GRAICHYピアノ・リサイタル@シャンゼリゼ劇場

当日プログラムも12pの充実したものでした

終演後のロビーに登場。サインにお話にと長蛇の列ができました。手の大きさも印象的

 今回の渡仏の公演で一番心に残ったのがSIMON GHRAICHY のリサイタルでした。

会場は、『春の祭典』100周年上演の記憶もまだそう古くはないシャンゼリゼ劇場。

 

 バレエ、ダンスがない日にリサイタルがあったので、当日になってふらりと出かけました。

これがびっくりするほど煌めきのある演奏だったのです。

 

 ピアノ好きの方、音楽好きの方には日本でも知られている人なのかもしれませんが、私は不勉強にして知らなかったので驚きました。出てくるだけで歓声が上がっていましたし、後で気付きましたが、地下鉄には多くのポスターが貼られていましたから話題の公演だったのかもしれません。

 

 1曲目のアルトゥロ・マルケスから小さな美しいきらびやかな打ち上げ花火のように頭の中(なのか目の前なのか…)ではじけ続ける感じの音。ずっと聞いていたいと思ってしまいました。

 演奏曲は9曲、ドビュッシー、ファリャといったバレエ・リュスでも同じの面々も、またリスト、アルベニス等多彩。オリジンであるメキシコの作曲家マニュエル・マリア・ポンセ、や南米の作曲家ルネスト・レクオーナ、エイトル・ヴィラ・ロボス、カマルゴ・グアルニエリといった様々な表情の曲を独自のカラーで弾きこなすピアニスト。

 アンコールには何と新譜CD『SIMON GHRAICHY HERITAGES』で世界初演というパーカショニストとの演奏で、CDと曲順構成が同じというちょっとしゃれた演出。これがまた面白くて、そういえばピアノは打楽器、打楽器同士なのに、こんなに違う、そしてある点で共通…とわくわくする気持ちで聞きました。

 

 当日でしたし、あまりいいお席を取れなかったのですが、これもまたいい経験になりました。この劇場はどこの席でも本当に音が良い事を実感したのです!

シャンデリアも近くで見られましたし、劇場上部の装飾や階によって違う扉の装飾も楽しめました。劇場は色々な席で見ると違った楽しさがありますね。(バレエ、ダンスはやはり正面を取ってしまうので知らなかったのです。)

 アールデコの粋を集めたこの美しい劇場、ますます好きになりました。

 

 この劇場を建てた興行師ガブリエル・アストリュクはこのために破産したのですが、装飾のみならずこの音響は様々なこだわりもその背景にあるのかもしれないと思ったり…。

 破産しても100年後も美しい劇場を造ったのだから本当に素晴らしい事。

またこの劇場を訪れたい、できれば彼の演奏でと思いました。帰ってからもその日に会場で買い求めた2枚の彼の演奏ばかり聞いています。

 SIMON GRAICHYはメキシコ、レバノンオリジンだそうですが、今年のニューイヤー・コンサート指揮も素晴らしかったグスターボ・ドゥダメルといい音楽は南米オリジンが熱いのかもしれません。

 

曲をダウンロードもできるサイト:https://simonghraichy.com/

第45回香港藝術節~HONG KONG ARTS FESTIVAL~

『ラ・バヤデール』は5回公演、内3回を見ました。

『トリアディック・バレエ』は同時上演されたリチャード・シーガル振付の『ePreludes』はまた見たい作品。

『スーパー・プール』会場で、後ろのビルの照明もマッチして、ここがベストポジション!と撮ってくださいました。

 今年も香港芸術フェスティヴァルが開催されています。

日本からはピナ・バウシュを目当てに行かれるかたも多いと聞いています。

 

 私はミュンヘン・バレエを見に行きました。演目は『ラ・バヤデール』(毛利臣男衣裳)と『ミックス・ビル』。『ミックス・ビル』の『トリアディック・バレエ』には注目が集まりました。私は2014年のミュンヘンでの公演を見に行ったのですが、やはりもう一度見たいと思って足を運びました。3泊4日で6公演にバックステージツアーやワークショップ見学はなかなかハードでしたが充実した時間でした。

 また改めて記事としてお伝えできたらと思います。

『トリアディック・バレエ』についてはミュンヘンと香港の観客の反応の違いはこれほどか、と驚いたことだけ付け加えておきます。

 

 今回のフェスティヴァルは45回目ということでスペシャル・イヴェントとして「スーパー・プール」も開催されていました。Jen Lewin Studioが手がけているもので、2014年から世界各国で展開中。

光を遊ぶ、という趣のイヴェントですが、香港ならではの夜景も映え、想像以上に楽しいものでした。「自分のアートの一部になる」、「移動する」、「場を変えて成立可能」というのもコンセプトだそうで、今回の香港も数日毎に移動するとの事で、私は灣仔で体験しました。 これは日本でも人気がでそうだな、と思いました。

 フェスティヴァル開催を知らなくても、デートにあるいは子供を連れてファミリーでと、様々な楽しみ方のできるこうしたイヴェントはいいなと感じました。皆さんが年齢問わずとても楽しそうだったのが印象的でした。

 

 次は今更、と言われそうですが、3月に閉幕する『バレエ・リュスからオートクチュール』展を見にパリに飛びます。バレエはもちろん、オペラや音楽会、展覧会も楽しみが沢山。そして調査も前進できたらと思います。こちらは小さな石を積み上げる、時に砂漠で砂を探す作業ですけれど…。

新年1本目は横浜赤レンガ、そして横浜ダンス・コレクション開幕!~『JUDA, CHRIST WITH SOY』/『VESSEL yokohama』@横浜赤レンガ倉庫第一号館

ポスタービジュアルも印象的な『JUDA, CHRIST WITH SOY』

初日乾杯。左からエラ・ホチルド氏、森山未來氏、小野慎司プロデューサー

スポットライトも消えた後なので暗いのですが、頭が見えない独特の姿の「ヘッドレス」の姿が印象的。

 2017年1本目は横浜赤レンガの『JUDA, CHRIST WITH SOY』でした。

エラ・ホチルド氏、森山未來氏による作品。イスラエル、愛媛で上演された作品ですが私は初見でした。

会場、照明、音楽、ダンスがぴたっとあった気持のいい舞台。森山未來氏は「踊りもプロフェッショナル並の役者」から本当にダンサー、として舞台に上がったという印象。身体がこれまでと違いました。

 太宰の『駆け込み訴え』に想を得たといいますが、本当に背景を流れる感じとの森山氏の言葉通り、物語を追うというよりは感情、関係を追うという作品でした。

 

 同会場で横浜ダンス・コレクションの幕開け作品として26日に初演された『VESSEL yokohama』にも森山氏が出演。

こちらも圧倒的な魅力を放った作品でした。客席も美術業界から豪華な顔ぶれが並んでいたのも印象的。名和晃平氏とのコラボレーション作品ということで通常のダンス業界の観客だけではない客層にアピールしたということのようです。こうした事はとても重要。「~業界」という小さな枠の中では限界が次々出てきてしまいますから…。

 ダンスも時々手掛けている原摩利彦氏の音楽も見事でした。空気感を醸し出すことができる音楽家だといつも感じます。

 

 初日乾杯で小野プロデューサーが「会場の外から聞こえた船の汽笛がこれから始まるこの作品の船出の合図に聞こえた」(メモを取っていないので意味だけおとり下さい)という言葉に大いにうなずきました。世界でも通用する強度のある作品でした。

 ダミアン・ジャレの振付による頭を見せない身体でほぼ全編踊られる作品で身体は「クリーチャー」となり、目が離せませんでした。舞台美術も素材は企業秘密とも聞きますが、とろりと肌に乗って落ちると白い被膜のように見える質感が身体の存在をさらに引き立たせていました。

 最後の場面については意見が分かれる部分もあるそうですが、私は此の時代に最初細胞のように見える美術の中から生まれその中に戻って行く、というイメージが浮かびました。

 美しく、見応えのある素晴らしい作品でした。

今年は幸先がいい感じです。

そして、2月19日まで続く横浜ダンス・コレクション、どんな作品、ダンサーに出会えるでしょうか。

2016年のお話~個人的ステージベスト3~

『忘れろボレロ』舞台上には巨大な×。何故でしょう?

DDDの劇場へのアプローチ

『ルーツ』は見応え十分

はめる勇気はありませんでしたが顔ハメパネルも

一つずつ手作りのキーホルダー、かわいい!

2016年はこれ!という舞台を逃した傾向があったかもしれません。ノイマイヤー・ガラの評判を聞くと見られなくて残念…とか。

 

そんなですが、舞台色々からは下記の通り。

 

  1. 『忘れろボレロ』@DDD
  2. 『横浜ダンスフェスティヴァル2016』@神奈川県民ホール
  3. 『ルーツ』@KAAT

 

最近見る度に面白いな、と思うダンサーの一人が大植真太郎氏。

ものすごく動ける器用な身体で徹底的に遊んで見せる感じが突き抜けていて面白いのです。笑いの要素もあり、観客層が若いという印象もありますが、それも納得の面白さと実はすごいことをやっている身体の面白さに惹きつけられます。『談ス』も面白かったです!

 

横浜ダンスフェスティヴァルは既にこちらで取り上げていますが、作品ラインナップがとても工夫されていて、かつ高いクオリティだったのが印象に残っています。バレエしか見たことがないと思しき観客が帰途、見たことがないけれど面白かったと会話しているのが聞こえ、遠藤康行さんの意図がきちんと伝わっているのだなと感じました。

私は実はあまりガラ公演に強い関心を持てない事が多く、こちらも当日やっぱり見ようと思って行ったのですが、友人を誘えば良かったと思いました。

ガラがあまり好きではないというのは、「福袋」的な面白さは確かにありますし、そこでしか見られないパートナーや作品の面白さはあるのですが、表現としてできれば一つの作品を踊る姿の方をより見たい、と思ってしまうからです。

もちろん最近では小作品を踊りきるということありますが、一部を上演する場合どうしてもガラ向きの表現になるのが少し残念に感じられてしまうのです。

ちなみにトリプルビル、ダブルビルは好きですし、もう少し色々上演されたらいいのに、と思っています。現実的には全幕に比べて日本ではまだどうしても集客が厳しいそうで、その点も残念だと思っています。

 

年末間際に見た『ルーツ』は何とも色々考えさせられる公演となりました。

時代のカナリア的な存在として言葉を扱う演劇の方が表現しやすいのかな、とも思いました。まるで第一次世界大戦前のような空気が世界を覆う中にあって生まれ、印象に残る作品になったのではないかなと思います。

出演者のインフルエンザのための公演中止(楽は上演)は何とも残念、関係者の無念さを思うと言葉が出ません。

でも感染症とても増えています。色々大変な世の中になったのだと、改めて思います。

 

その他、ミラノ・スカラ座もカンパニーとしての魅力あふれる舞台でしたし、踊り続けるプロジェクト大山も「働く女性」としてのダンサーについても思いを巡らせた舞台となりました。(公演後のトークでそうした話題が出たものですから。)

マリインスキー劇場 初来日100年記念展@ロシア大使館迎賓館2階

ロシア大使挨拶。この日は前日のアレクサンドルフ・アンサンブルの三分の一のメンバーらが死去した飛行機墜落事故の犠牲者への黙祷から始まりました。

エレナ・スミルノワポートレート
会場での写真があまり鮮明に取れなかったので、活躍当時のポストカードから。(Naoko Haga Ballet Collection)

上部中央の写真の中心人物はボリス・ロマノフ。キャプションにありませんが、右はバレエ・リュス・ド・モンテカルロのワシリー・バジル大佐、左はルネ・ブルム。バレエ・リュス・ド・モンテカルロ結成が発表された1931年の写真ですから、色々想像が膨らみます。
右下は閑院宮載仁親王、1916年にロシアを訪問。公演に関わっているとの説明がありました。

1916年3月16,17,18日の帝国劇場公演チラシ。

スミルノワが出演している映画の一部も上映されました。

スミルノワがシベリア経由で日本へ向かう事についての劇場支配人テリヤコスフキーによる許諾書(3.12付)

英語プログラム表紙。チケットの値段も掲載されている。

アレクサンドル・ゴロヴィンによるスミルノワの肖像(1910)と。
会場にいらしていた友人が私のしているマフラーとぴったり!と撮ってくださいました。

 ロシア大使館の迎賓館でマリインスキー来日100周年展が行われるとお招きを受けました。その様子はNHK,テレビ東京でも放映されたのでご覧になった方もいらっしゃるでしょう。

 

 初めて来日したダンサーがバレエ・リュスにも参加したロシア帝室劇場のエレナ・スミルノワ、ボリス・ロマノフ、そしてオルガ・オブラコワであったことはもう少し記憶されるべきだと思うので、いい機会だったのではないでしょうか。

そして、日本で初めて『瀕死の白鳥』を踊ったのが(ロマノフ演出とありますが)スミルノワであることももう少し記憶されてもいいでしょう。

 

 今回、来日が「マリインスキー劇場バレエ団」の初来日とされていましたが、これはセルジュ・リファールの1953年の来日が「パリ・オペラ座」来日とされるようなものでしょうか。実際は3名が来日、当時の公演プログラムには「PROGRAMME of the Imperial Theatre inPetrograd the Prima-Ballerina Mme. Smirnova, the master of Ballet, Romanoff and others」となっており、開演はいずれもマチネ1時でした。

10の小作品が上演され、その中には時世をうつす「三國同盟」という作品も上演されています。残っていない作品も多いラインナップです。

 

 今回の出品は50点程ですが、珍しい資料も多く専門家にはとりわけ大変興味深い展覧会でした。

すべて複製でしたので、バレエ会場ロビーなどでもっと多くの方の目に触れることができたらいいな、とも思いました。

スミルノワ、ロマノフ公演については最近新しい事も分かりつつありますので、少し研究が進むかもしれません。

12月はくるみ&くるみ

会場にはクリスマスツリーも沢山。雰囲気を盛り上げてくれます。

会場に展示されていた石田種生氏直筆のノーテーション(舞踊譜)

会場入口には“完売御礼”の文字も。後ろではお花やリース、入ると小さなクリスマスマーケットのようにお菓子やクッキーなどを売っています。

開幕前のロビーではミニコンサート。観客を楽しませる工夫が沢山。

スズキ・バレエ・アーツの会場、夜で見づらいですが鎌倉芸術館は中庭の竹も見事。

恒例のクリスマス・クッキーも出来上がりました。デコレーションはつい夢中になる作業です。

 12月は毎年『くるみ割り人形』ラッシュ、色々なバージョンが見られる楽しいシーズン。クリスマス気分も盛り上がります。

 

 今年1本目は井上バレエ団でした。オーソドックスな上品な仕上がり。終演後のクリスマスソング演奏もそろそろクリスマス、という気分を盛り上げてくれます。

 K-Balletは恒例の赤坂ACTシアターバージョン。「花のワルツ」を踊る吉田太郎氏はふわっと持ち上がる様なジャンプも美しく、首も長くラインも綺麗で、今後が楽しみなダンサー。(やはり重力を感じさせない、重力を裏切る感じもバレエの大きな魅力ですね)。山本雅也氏は王子初役とのことで、瑞々しい踊りでした。

 矢内千夏さんのクララもとても見たかったのですが、残念ながらどうしても日程が合いませんでした。

 

 東京バレエ団の秋元康臣氏は相変わらずのラインの美しさとノーブルさが際立ちました。メイクはもう少し映えるものがありそうですが…。最近多くなったプロジェクション・マッピングを使用した演出でした。1幕で人間がくるみ割り人形を演じたり、少し「?」と思う場面も。

 

 東京シティ・バレエ団はなごやかムード。地元に愛されるバレエ団という日本でのバレエの在り方としてはリアリティのあるバレエ団だと思っています。子供のコロンビーヌ、ピエロ、ムーア人はいつもかわいく、演技もしっかりしていて、見ていてほっこりします。

 東京シティ・バレエ団は7月の石田種生版『白鳥の湖』公演の際に石田種生氏のノーテーションの展示をされていました。こうしたものが残っていたことを知らなかったのですが、非常に貴重な資料ですし、ノーテーションを会場で一部ではあれ、見ることができるのは個人的に嬉しいというだけではなく、バレエがどうやって伝わっていくのか、振付けられていくのかという事を考えるきっかけになるのではないと思いました。

 広い客層を持つバレエ団だからこそ、そうした事もプログラム誌上含めて発信して欲しいな、とも思いました。

 

 今年最終の『くるみ割り人形』はスズキ・バレエ・アーツによるもの。確か2014年にフリッツ役を踊っていた山本達史氏は、現在所属する東京バレエ団の『くるみ割り人形』のフランスの踊りでも魅力を発揮していました。今後も楽しみなダンサーです。

 新国立劇場は『くるみ割り人形』上演がなく『シンデレラ』。長田佳世氏の引退公演でしたが、まだまだ踊れるダンサーで残念だなと思いました。仙女の木村優里さんは空気を作りつつ盛り上げるという大役にふさわしい踊りと楚々とした美しさで印象的でした。6月には『ジゼル』を主演、今から楽しみです。

来年はどんな舞台に、そして『くるみ割り人形』に出会えるのでしょうか。

今年もそろそろ終わりです。

八代目中村芝翫襲名披露@歌舞伎座

歌舞伎座正面に櫓があがっています。芝居の正月「顔見世」興行の象徴です。

「すじがき」お祝いの言葉も沢山。何より歌舞伎のプログラムである「すじがき」は初演からの上演記録がしっかり入っているのが資料として大切。バレエも見習いたいところ。

 アップしようと思っているうちに閉幕、そして京都では年末の風物詩のまねきが南座に上がったとニュースになりました。

(劇場修繕のため会場は先斗町歌舞練場との事で違った味わいになりそうで行かれないかと画策しておりますが…)

今年の歌舞伎界の最大のニュースと言えるでしょう。「史上初」という4人同時襲名披露公演を見に行きました。10月から続いていましたが、私は11月しかみられませんでした。

 

 中村橋之助改め八代目中村芝翫、中村国生改め四代目中村橋之助、中村宗生改めて三代目中村福之助、中村宜生改め四代目中村歌之助となります。

 

 見たのは夜の部。

『元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿』、『口上』、『近江源氏先陣館 盛綱陣屋』、『芝翫奴』。裸眼で細かい表情まで見ることのできる素晴らしいお席で堪能しました。長く見て来た役者の襲名はやはり別格です。中村芝翫として益々存在感のある役者としての今後の活躍が本当に楽しみです。

 

 口上の先陣を切った坂田藤十郎を見て、そういえばこの方の襲名披露は南座で見たのではなかったかな、と思い出しました。片岡仁左衛門も「たまたか」と呼ばれた玉三郎とのコンビで見たのが私の初・歌舞伎体験ですから色々なことが頭をよぎりました。

 

 襲名披露興行、11月だけ見られた祝幕は佐藤可士和氏によるものでポップな味わい。

 

 『御浜御殿』では仁左衛門が円熟を見せ、『盛綱陣屋』では芝翫が味わいと勢いのある姿を、そして『芝翫奴』は若さが煌めきました。

『芝翫奴』は3人の芝翫の息子が次々務めましたが、私が見たのは三男の歌之助。歌舞伎役者も時代が変わると重心が変わるんだな、と興味深く見たのでした。(腰が入っていないという意味ではありません!)

 

 三人の息子さん達もまさに次代を担う役者として活躍されるのでしょう。歌舞伎はしっかりと次の世代にバトンが渡されていっている様子が見えるなと改めて思いました。

 

 歌舞伎はプロではありませんが、『芝翫奴』は舞踊という視線から見られるのでもう一度見たかった。型を継承するのか、以前と違う日本人の身体に合った新しい型に変っていくのか色々の可能性があるのだろうなとも思ったので、他の配役で是非と思ったのです。果たせず…残念。

 

 歌舞伎役者の身体は西洋演劇の身体とは違う美、違う魅力があり、それを見せてきたわけですが、今後それが時代と共にどう移ろっていくのでしょうか。

 やはり歌舞伎も大好きです。

鯨井謙太郒『灰のオホカミ』@テレプシコール

入口ポスター

チラシと共に髙木由利子氏による印象的な写真ビジュアル

大変意外な事に、鯨井謙太郒氏初のソロダンス、ということでどうして見たいと思い中野テレプシコールに行きました。満席。(後でソールドアウトと知りました)

 

笠井叡氏の天使館で学び、数々の作品に出演してきたオイリュトミスト、ダンサーで定方まこと氏とのユニットCORVUSでも活動を続けており、印象に残る一人でしたから、気になったのです。

 

14年目にして初というソロは、「初ものらしい」と言える側面もありました。つまり、やりたいことを盛り込んだ感じの作品でした。

 

ご本人が作品ノートに書かれている言葉の通り「身体は、刀鍛冶が鉄を打つように熱せられては冷却され」ながら磨かれた身体は非常に美しく、存在感があります。

 

70分程の作品では時にセリフを、音楽を、叫び(咆哮?)が入るものでした。セリフ語りの部分はオイリュトミストの姿を、そしてCORVUSの場面を思い出したところもありました。印象に残ったのは、多くは語られないものの、作品の背景にある3月11日前と以降の日本があったことでしょうか。宮崎県仙台出身ということからも色々な思いがあって作られた作品なのだろうと思います。

放射能についての注意事項の流れる音声なども使われていましたが、今もそこにある事実であり、危機ですから…。

 

滅んだ日本オオカミ、滅びゆく世界を考える時となりました。

何よりも圧倒的な身体を持つダンサーの見応えある舞台でした。

 

今回の作品は盛りだくさんな内容で、3~4作品の種(あるいはもっとかも)を内包しているように感じました。それを一つずつ丁寧に作品にしていく姿も見たいと思いました。

次回の公演も楽しみです。

第19回明治大学ホームカミングデー

ロビー正面にはおかえりなさいの文字が…

出身大学のホームカミングデーがあり、仕事前にちらっと立ち寄りました。

大学院を卒業してから20年…びっくりするほどあっという間でした。

最近英語の「ディケイド」という言葉の意味が分かるようになりました。確かに10年よりも20年の方が一区切りという気がするからです。

 

お天気にも恵まれ、沢山の同窓生が集いました。

落語があったり、マンドリン演奏があったり。マンドリン倶楽部はとても有名ですし、聞きたかったのですが後の予定があり断念。バレエでマンドリンというと『ロミオとジュリエット』でジュリエットが演奏する場面などで出てくるのも思い出します。

 

学校はスカイスクレーパーと言っていいようなビルになり、以前のような立て看板がないのはやっぱり不思議な感じがしますが、学校敷地内に部室以外に集まれる場所ができたのは便利なのかもしれません。

もしかしたら一番長く通った場所かもしれません。色々風景は変わったとはいえ、懐かしい場所です。

 

くじ運の悪い私ですが、奨学金の寄付になるという福引を引いたら素敵な商品が当たりました。

お目にかかった事はありませんが、アサガミの木村健一さまありがとうございました!

関西学院大学で講義

何年目になるでしょうか。

関西学院大学で「身体の冒険」という講座に出講しております。

 

ヴォ―リーズの建築も美しいキャンパスは最初訪れた時には、わぁ、映画みたいと思いました。

出身大学は道路を挟んで校舎がある、明治大学なので、余計にキャンパスらしい姿に目がくらみそうに…。

 

朝一の講義なので、学生さんたちの眠気が吹き飛ぶようなものを…と思ってお話ししましたがどうだったでしょうか。

バレエやダンスについてもっと多くの方にお伝えできたらいいな、と思います。本当に豊かで楽しく美しい世界ですから…。

 

また参ります。