『氷上の王、ジョン・カリー』

バレエ・ファンにも響く映画!『氷上の王、ジョン・カリー』

『氷上の王、ジョン・カリー』
『氷上の王、ジョン・カリー』

バレエと一番近いスポーツと聞いておそらく多くの人が真っ先に思いだすフィギュア・スケート。以前の姿はずいぶん違うものだったことは忘れられているかもしれません。

「美」、「氷上のダンス」を意識的に作り出したジョン・カリーの歩みをたどるこの映画は幕開きから『牧神の午後』!

貴重なオリジナル映像を多数挟み込んでいる点も非常にリアリティがありました。特にこれがなければ映画は作れないと監督が思っていた『ムーンスケート』(音楽:モーリス・ラヴェル)は映像にも関わらず、ぞくっとするほどの作品。

また、彼の最後の日々もヌレエフ、ジョルジュ・ドン、フレディ・マーキュリーらが倒れた1990年代のエイズクライシスをリアルに思い起させるものでした。当時取っていた雑誌『Dancing Times』のObituaryページの多さはこのままバレエ・ダンス界が死に絶えたらどうしようと本気で思うほどだったことを思い出しました。

まだLGBTという言葉はない時代、苦しみながら自分の求めるスケートを生きたジョン・カリーという人物の人生は色々考えさせられ、また心に染みました。

公開は少し先(5月31日(金)からアップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺など)ですが、下記のような楽しそうなイヴェントがあるようです。

スケート・ファンはもちろんですが、バレエ・ファンの心にも届く映画だと思います。

***

映画『氷上の王、ジョン・カリー』ジャパンプレミア!お土産つき

町田樹×宮本賢二「未来へと受け継がれるジョン・カリーの魂」

日程:2019 年 5 月 9 日(木)

時間:18:45 開場/19:00 上映スタート

場所:新宿ピカデリー(東京都新宿区新宿3丁目15−15)

登壇:町田樹(慶應義塾大学・法政大学非常勤講師)、宮本賢二(振付師)

司会:蒲田健(MC・パーソナリティー)

料金:3,500 円 お土産付き(全席指定)

チケット発売:4 月 16 日(火)AM10:00~チケットぴあ( https://t.pia.jp/  )にて販売開始.

P コード:559815

第13回ダンスフォーラム賞、授賞式が行われました。

受賞者のお二人。偶然にも北村さまの衣裳が今年のパンフレットとマッチング?!

あっという間にもう第13回!と時の速さに驚きますが、日本ダンスフォーラム賞JaDaFo Dance Award 2018の授賞式が行われました。

 

今年の受賞者は下記の通り。

日本ダンスフォーラム大賞 北村明子
日本ダンスフォーラム賞  湯浅永麻

 

おめでとうございます! そして受賞いただき、ありがとうございます。
お二人のお話も楽しかったですし、すてきな来場者たちにお目にかかれて楽しいひと時でした。

『ユリイカ』魔夜峰央特集号執筆いたしました。

『ユリイカ』表紙

『ユリイカ』表紙

映画『翔んで埼玉』も話題沸騰の魔夜峰央氏。『ユリイカ』特集号が発売となっています。

年始から高校卒業以来の量の漫画を読む日々の結晶です。『パタリロ!』とバレエ?と思われるかもしれませんが、是非お手に取ってみてください。

それから、“ネタバレ”になるのであまり…ですが、映画にもバレエ満載です。

大賀ホール、ご来場ありがとうございました。

秋元康臣さんと久し振りの再会

秋元康臣さんと久し振りの再会。押しも押されぬ東京バレエ団プリンシパルです。

瀬川哲司さんと久し振りの再会。お二人のお嬢様も可愛らしく、でもしっかり舞台を務めていました。グランディーバ・バレエ由来の『ゼンツァーの花祭り』の衣裳は近くで見ると可憐。

休憩毎に白くなる風景は美しかったのですが…ご来場の方々には大変な事でした。

大賀ホール『バッハアルテ&ギャザリング Vol.2』、ご来場いただきありがとうございました。大賀ホールならではのピアノの響きと公演。素晴らしいダンサーの踊りを楽しめたのではないでしょうか。雛祭り開催でしたが、途中からは思いがけぬ雪空に。

 

リハーサルから2日間、素敵な方々とお目にかかる事もでき楽しい一時でした。舞台の中でのトークでしたが、バレエの歴史に関心を持つ人が一人でも増えたら、と思っております。

 

次回は6月16日(日)、また軽井沢でお目にかかれますのを楽しみにしております!

3月3日(日)、大賀ホール『バッハアルテ&ギャザリング Vol.2』に登壇いたします。

軽井沢、大賀ホールで開催される『バッハアルテ&ギャザリング』Vol.2 に「バレエ・トーク」で登壇いたします。バレエの楽しいお話をできればと思っております。

出演ダンサーも豪華、そして東京から新幹線で1時間と実はアクセスがよい大賀ホール、是非お運び下さいませ。

 

 

日時:2019年3月3日(日)開場13:00、開演13:30

場所:軽井沢、大賀ホール

指定席:2500円 自由席:1500円

申し込み先:軽井沢大賀ホールチケットサービス 026-331-5555

軽井沢バレエアルテ 090-1203-17706 0415baletto@gmail.com

サイト:http://www.ohgahall.or.jp/concert/details.php?cid=4210

ゲーンズブールナイトご来場ありがとうございました!

サエキさんと終電間際に1枚、後ろにゲーンズブールのポートレートがあったのですが、心の目で見て下さい。(フレンチ・ロリータを意識した白とピンクで参りました)

最後の狂乱のステージ、中央はバゲット・バルドー、よく見ると手がバゲットに!

ゲーンズブールナイトでレクチャー?と思われた方もおいでだったかもしれませんが、意外にもつながるアートの世界、その面白さ意外さの一片がお伝えできていたらいいなと思っています。

 

長らく色々なイヴェントで登壇したり観客として行ったりしたSuper Deluxeのクローズ前にもう一度あの場に行かれたのも幸せでしたし、多くのアーティストの様々な切り口からのゲーンズブールの世界、とても楽しくてあっという間の一夜でした。

 

このゲーンズブールの事も含めて、いずれ形にできればとも思っております。

お声をおかけいただいた、サエキけんぞうさんとご来場いただいた皆様に心からの御礼を込めて…。

『エル・グレコの首飾り―青柳図書館の秘宝』刊行記念のトークイヴェント

1月28日(月)、大阪のイヴェントに登壇いたします。

『エル・グレコの首飾り―青柳図書館の秘宝』刊行記念のトークイヴェントに著者の佃一可さまと共に登壇いたします。
2018年に都内で開催し、ご好評いただきこんどは大阪でも開催です。是非お運び下さいませ。
皆さまとお目に掛かれますのを楽しみにしております。

 

日時:2019年1月28日(月)19時~(開場18時半)
場所:うめだ総合生涯学習センター 第3研修室
参加費:500円
http://www.jusonbo.co.jp/news/#news_136

 

予約・お問い合わせ:

EBSCO 花田謙一
090-6663-3073
khanada@ebsco.com

 

1月19日(土)、ゲーンズブール・ナイトに登壇いたします。

見たり、参加したりした会場の一つスーパーデラックスのクローズイヴェントに登壇いたします。
豪華で個性的な面々の「Gaisbourg Night ★2019」。
この夜ならではの切り口で、と思っております。
是非お運び下さい。

 

日時:2019年1月19日(土) Open 15:30 / Start 16:00
場所:スーパーデラックス
東京都港区西麻布3-1-25 B1F
前売&予約:3,500円 / 当日4,000円
別途DRINK 700円

 

https://super-deluxe.com/events/20190119/

インタビュー掲載されました:『DECENT』 2018 Vol.18

松本のタウン、フリーマガジン『DECENT』が発行されました。見開きでインタビュー記事を掲載いただいております。幼い頃の事から現在まで色々お話ししました。是非ご覧ください。

木彫り作家さんの作品も実際に見て見たいな、とかお菓子もお話とか興味深い読みでのあるフリーマガジン。2017年の「日本タウン誌 フリーペーパー大賞」も受賞されているのも納得です。

 

輝け!誇りある未来よ 人と企業と夢「DECENT」

『不思議の国のアリス』リハーサル記事掲載されております。

今年は香港でもクリストファー・ウィールドンにもお会いし、また作品&リハーサルを見る機会がありました。

 

そして新国立劇場の『不思議の国のアリス』も話題作。来年には劇団四季の『パリのアメリカ人』上演も決まっていてこちらも楽しみ。(個人的には『シンデレラ』ももう一度見たい!)

 

そんなウィールドン作品のリハーサルについてCLASSICA JAPANさんのサイトに書きましたのでご覧下さいませ。

https://www.classica-jp.com/column/5628/